紫外線・UVカット方法

顔の日焼け対策グッズで紫外線(UV)をカットする3つの方法

日差しが強い季節は、「顔」への紫外線が気になります。
シミやソバカスの原因となる紫外線・UV対策に有効な
3つの主な方法を紹介します。

●顔の日焼け対策・紫外線カットグッズ●

日焼け対策を一番念入りにしておきたいのが「顔」。
顔を紫外線から守るのに、誰でも手軽に使用できるUVカットグッズは
以下の3つ。

✓日焼け止め(塗るタイプ・飲むタイプ)
✓サングラス
✓マスク

いずれも短時間で使用でき、比較的安値で手に入ります。
グッズそれぞれの特徴について解説していきます。






●顔の紫外線対策の基本「日焼け止め」●

日焼け止めは現在「塗るタイプ」と「飲むタイプ」のものがあります。

【日焼け止めクリーム&パウダー】

顔に直接塗るタイプの日焼け止めクリームやパウダーは、
SPF値やPA値で効果の高さが示されており
SPFは数字が高いもの、PAは+の数が多いものほどUVカット効果が高くなります。

「SPF」 UV-Bから肌を守る防御力の高さ(10~50まで)
「PA」 UV-Aから肌を守る防御力の高さ(+~++++まで)

【生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方】

(参考 環境省「紫外線環境保健マニュアル2015」)

また、日焼け止めには
紫外線吸収剤使用のもの、紫外線錯乱剤使用のもの、
両方使われているものの3つのタイプがあります。

「紫外線吸収剤」とは、紫外線を吸収し他のエネルギーに
変化させて放出させるものです。
このタイプは防御効果が高く、塗り心地がいいところがメリット。

デメリットとして紫外線吸収剤はその成分や、
紫外線を吸収するという性質から人によっては刺激を感じ、肌荒れを起こす方もいるようです。

「紫外線錯乱剤」は、紫外線を反射させることで肌を守るものです。
肌への負担が少ないのが大きなメリット。

デメリットとしては塗ったときに白っぽくなることがあります。
このタイプの日焼け止めはクリームタイプもパウダータイプも
「ノンケミカル」と表示されています。

 

◆顔にはどの日焼け止めがおすすめ?◆

大手化粧品会社の日焼け止め製品を見て見ると、
顔に使用することを推奨している日焼け止めクリームは
全て「紫外線錯乱剤」を使用しているものでした。
顔は一番人に見られる部分なので、刺激が少ない方が安心ですよね。

顔には肌の弱い人でも使用しやすい
「ノンケミカルの日焼け止め」がおすすめです。

【おすすめのノンケミカル日焼け止め】

◆日焼け止めパウダー「エトヴォス」ミネラルファンデ◆
日焼け止めはクリームタイプよりもパウダータイプの方が低刺激。
水分が少ないので防腐剤などの添加物が少ないのが特徴です。
外出前にはたくだけで良く、石けんで洗い流せるのも楽です。

エトヴォスは国産、ミネラル成分配合のuvパウダーを製造している会社。
スターターキットに含まれるミネラルファンデーションはSPF30 PA++。
美容皮膚科でも採用されています。


エトヴォスのuvパウダーを実際に使用した口コミレビューはこちら

【飲む日焼け止め】

数年前から日本でも登場した、口から摂取するタイプの日焼け止め。
紫外線に対する防御力を内部から強くするように
開発されたものです。

何度も塗りなおしをしなくてよい、
肌荒れを心配しなくてよい
天然の成分で作られているため安心して飲める

などのメリットがあります。

飲む日焼け止めの効果については様々な検証がされており、
塗る日焼け止めのようなSPF値が明確に示されていないため、
やや判断しづらいところがあります。
今後の研究で、効果が明確になるかもしれません。

◆確実に紫外線対策するなら「塗る日焼け止め」◆

以上のように、SPF値やPA値が明確な塗る日焼け止めの方が
今のところは紫外線対策としては確実と言えます。

ノンケミカルの日焼け止めパウダーやクリームを
こまめに使用してお肌を守りましょう。






●UVカット加工マスク●

洗って何度も使えるタイプと、使い捨てのタイプがあります。
口から鼻にかけて覆ってくれるので、外出時にはとても便利。
塗る日焼け止めと併用することで更に効果が高まるでしょう。

普通のマスクでは紫外線を透過してしまうので
必ずUVカットと表示があるマスクを選びましょう。

更に紫外線透過率が表示されているマスクなら安心です。
90%以上のものならほぼ紫外線を透過しません。

価格は3枚200円ほどの使い捨てのものから、
完全遮光仕様の3,000円以上するものまで色々出ています。

・uvカットマスク口コミレビュー
【紫外線対策おすすめUVカットマスクの口コミ 使い捨てと洗えるマスク実際に使ってみました】

◆UVカットマスクの選び方◆

外出することが少なめな方や、洗うのが面倒な方は「使い捨てタイプ」
コストを下げる、長く使える、おしゃれなものが欲しい方は「洗って使えるタイプ」
紫外線透過率90%以上か確認する


●サングラス●

目から入る紫外線は白内障や角膜炎の原因になると言われています。
また、体のメラニン色素の生成をまねくので、シミやソバカスが
できやすくなります。

海は砂や海水が光を反射するので紫外線を浴びやすい場所です。
白砂の浜辺では25%、黒砂の浜辺では5%、水面6~9%増加します。

山は標高が高くなるほど紫外線を浴びる量が増えます。(300mあたり4%増加)

夏のリゾート地や登山に出かけるときはサングラスは必携の
アイテムです。
目をサングラスで保護することで、顔の日焼け対策になります。

ただし、色が濃いだけのサングラスでは紫外線を防ぐことは出来ません。
必ずUVカット表示のあるサングラスから選びましょう。

メガネタイプのものや、ゴーグルタイプのもの、
通常のメガネの上に被せるものなど色々なものが出ています。

値段が比較的安価で、2,000円程度から購入できます。
度入りの場合は通常の眼鏡と同じくらいの価格になります。

レンズの幅が大きいものほどUVカット効果は高め。
見栄えが気になる方は試着して似合うかどうか確認してから
買った方がよいでしょう。

「紫外線透過率1.0%以下(99%UVカット)」のものなら
外出時も安心です。

◆UVカットサングラスの選び方◆

レンズの幅は大きいものの方が紫外線カット効果が高くなる
予算やデザインを確認してから購入する(試着できればなおよい)
紫外線透過率表示があるか確認する


●顔への日焼け対策グッズまとめ●

いかがでしたか?
顔にしみやソバカスができるとどうしても気になるものです。
紫外線対策をすることで、鏡の前で悩まなくても済むようにしたいですね。

✓日焼け止めクリームはノンケミカルでSPFやPA値で使い分け
✓UVカット加工表示のあるマスク
✓UVカット加工表示のあるサングラス
すべて併用することでより安心できる





関連記事

  1. 紫外線・UVカット方法

    紫外線を浴びる時間と最もUV対策が必要な時間の簡単な見分け方

    日差しの強い季節は、お出かけするときもなるべく紫外線を浴びる時間帯…

  2. 紫外線・UVカット方法

    酢トマトジュースの作り方 日焼け・高血圧対策になる飲み方とは?

    健康に良い野菜の代表「トマト」。ほぼ毎日食卓で見かけるほどポピュラ…

  3. 紫外線・UVカット方法

    ウォータープルーフノンケミカルの日焼け止め 海・敏感肌でも安心して使える日焼け止め3選

    夏になると、外出時に汗を大量にかいたり、海やプールで泳いだりしてせ…

  4. 紫外線・UVカット方法

    uvカットボレロとカーディガンの3つの選び方とおすすめショップ

    夏にuvカット服として、夏のクーラー冷え対策として1枚持っておきたいの…

  5. 紫外線・UVカット方法

    40代に人気のファンデーションは?紫外線・シミ対策・敏感肌におすすめファンデ

    40代になると、それまで浴び続けてきた紫外線によるお肌への影響が気…

  6. ランキング

    紫外線対策uv化粧品ランキング 日焼け対策「厳選」コスメ5選

    紫外線対策方法は様々なものがありますが、お手軽で誰にでもできる方法…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 紫外線・UVカット方法

    頭皮や髪の日焼け対策 紫外線から頭を守る3つの方法 
  2. 紫外線・UVカット方法

    紫外線対策の帽子は形や色や素材で30%も効果が変わる!
  3. 紫外線・UVカット方法

    スポーツ日焼け防止グッズおしゃれで役立つUVカットアイテム10選
  4. 紫外線・UVカット方法

    白くならない日焼け止め メンズの毎日使いOKなZIGENUVクリームジェル
  5. 紫外線・UVカット方法

    海の日焼け対策・UVカットグッズ紫外線から肌を守る5つの方法
PAGE TOP