紫外線・UVカット方法

男性の紫外線対策グッズ 気軽にできるメンズUVカット方法!

白内障や皮膚がんなど、紫外線の害が知られるにつれ
「日焼けした体は健康的」というイメージは崩れつつあります。
男性は未だに紫外線対策をしていない方も多いですが、
仕事で外に出る機会も多い男性にこそ必要な時代。

男性も気軽に使える、UVカット効果のあるグッズや方法を紹介します。






●紫外線対策は男性にも必要!●

紫外線を浴びることによって起こる人体への悪影響は
しみやそばかすのような見た目だけではありません。

白内障の原因
皮膚がんの原因
頭皮や毛髪へのダメージ

これらの害を防ぐためにも紫外線対策は性別に関係なく必要です。
特に外での活動が多い職業やレジャーは要注意。
紫外線は一年を通して太陽から降り注ぎます。
手軽にできるUVカットグッズを利用して紫外線から体を守りましょう。


●男性も気軽に使えるUVカットグッズ●

身に着けるものから紫外線対策!

衣服は身に着けるだけでもある程度紫外線を遮断してくれますが、
最近はメンズの衣服にもUVカット加工済の衣服が増えました。

紫外線対策として衣服を購入する場合、確認しておきたいのは以下の3つ。

衣服の素材
紫外線透過率表示
UPF値(紫外線保護指数)

以下の記事も参考にしてみてください。
【紫外線対策・UVカットグッズを選ぶ時のコツ】

紫外線透過率やUPF表示があるものはUVカット加工されている
衣料品なので一般的なものよりも効果が高いでしょう。

【素材】 ポリエステル、羊毛

ポリエステルや羊毛は紫外線を80%程度カットします。
冬は羊毛のセーターやマフラーを身に着けると安心です。
綿の衣服でもポリエステルとの混紡なら効果が上がります。

【色】 ブラック、ブルー、イエロー

UVカット加工がしてあるものならどの色でもOKですが
していないものでも濃い色は透過しにくいのでおすすめ。
黒や青系は男性も身に着けやすい色なので嬉しいですね。

ただし、黒は熱が籠るので真夏は熱中症に注意が必要です。






メンズ向け紫外線対策グッズ

◆帽子◆

男女関係なく気軽にできる紫外線対策グッズ。
素材はポリエステル、紫外線遮断繊維やUVカット加工してあるものなら安心。
麦わら帽子も通気性が良く、素材の麦は紫外線に強いので
真夏のお出かけにおすすめ。

色や素材、形状でUVカット効果が変わります。
【紫外線対策の帽子は形や色や素材で30%も効果が変わる!】

おすすめのメンズの帽子についてはこちらもどうぞ。
【メンズのuvカット帽子 効果的に日焼け防止できる帽子7選と選び方】
【麦わら帽子メンズのおしゃれブランド10選 優れたuvカット効果を持つ天然素材帽子】

◆サングラス、コンタクトレンズ◆


紫外線対策の基本。
「紫外線カット率90%以上」や「UV400protection」などの
表示があるものから選びましょう。

【目を守る紫外線対策3つの方法とUVカットサングラスの正しい選び方】

サングラスのレンズの幅は大きいものの方が効果的
ゴーグルのような目を覆うタイプのものは
横から入る紫外線も防ぐのでおすすめ。
通常のメガネの上にかぶせられる便利なものも登場しています。

レンズの色は紫外線透過率と関係ありません。
UVカット加工がしてあれば薄い色でもOKです。
色が濃いだけのサングラスは瞳孔が開いて紫外線を多く
吸収するのでやめましょう。

目から入る紫外線は白内障の原因になるだけでなく
肌の日焼けも引き起こします。
目に大量に紫外線を浴びると体内のメラニン色素が増加し、
肌が日焼けします。
夏の暑い日はサングラスをかけてお出かけしましょう。

◆パーカー◆


季節選ばす身に着けられる紫外線対策。
腕や頭部も覆うことができるので1枚あると便利です。
クーラーの冷え防止などにも活躍。

「ラッシュガード」表示のあるパーカーは着たまま海に入れるので
海水浴やプールにも向いています。

スポーツ専門店などではUVカット加工やUPF表示のあるものを
多く販売しています。色は加工済なら基本的になんでもOK。
好みでおしゃれなものを選ぶのも良いでしょう。

◆アームカバー◆


腕を守る紫外線対策グッズ。
半袖やノーズリーブのシャツに合わせたり、
寒い時期は防寒効果、ケガの予防にもなります。
スポーツ時に身に着けている人も多く、
スポーツ専門店やネットショップでの販売も多く見かけます。
UPFや紫外線透過率が表示されているものが理想的。

◆日傘◆

日傘と言うと女性向けのイメージがありますが
紫外線の影響が知られるようになり、最近は男性用の傘でも
UVカット加工済みのものが増えました。

黒い傘の方が紫外線カット率は高いです。
特に傘の内側は地面からの反射光を防ぐため、濃い色が望ましいです。

シンプルな晴雨兼用のものが出ているので便利です。
使用期間によりUVカット効果が減少するので
2~3年で買い替えましょう。

◆マスク◆


洗って何度も使えるものと使い捨てのものがあります。
帽子、日焼け止めクリームやサングラスと併用すると更に効果的。
顔のシミやソバカスを防いでくれます。
アレルギーや風邪予防にもなるので真夏だけでなく秋冬の着用もおすすめ。

UVカットマスクの口コミレビュー記事はこちら。
【紫外線対策おすすめUVカットマスクの口コミ 使い捨てと洗えるマスク実際に使ってみました】

◆マフラー◆

秋冬の紫外線対策になります。
特に羊毛は紫外線カット効果が高く、あたたかいので
真冬のお出かけに着用すると良いでしょう。

首を守るものは他にネックカバーも販売されています。

◆日焼け止めクリーム◆

紫外線対策の基本、日焼け止めクリーム。
普段使いの日焼け止めクリームはSPF値(紫外線防御指数)やPA値は
それほど高いものは必要ありません。
仕事での外出、ちょっとした野外スポーツ、レジャーなら
SPF15~30、PA+~+++程度で十分です。

◆おすすめメンズ日焼け止め◆

男性用のボディケア用品を取り扱うブランド「ZIGEN」の日焼け止め。
紫外線吸収剤不使用、SPF21の低刺激、石けんで落とせるので
敏感肌の方や普段使いに最適の日焼け止めです。
男性の肌を考慮して作られた日焼け止めなので
白浮きやテカリが少なく、安心して使用できます。
※口コミレビューはこちら
【白くならない日焼け止め メンズの毎日使いOKなZIGENUVクリームジェル】


男性は女性に比べて紫外線対策を怠りがち。
ですが白内障や皮膚がんのリスクは同じようにあります。
日差しの強い季節は男性も日焼け止めクリームを塗る習慣を
身に付けましょう。

●男性の紫外線対策まとめ●

✓色はブラック、ブルー、イエローが紫外線カット効果が高い
✓素材はUVカット加工のあるものやポリエステル、羊毛など
✓外出時は身に着けやすいサングラスやパーカー、帽子を活用
✓普段の日焼け止めはSPF15~30、PA+~+++でOK





関連記事

  1. 紫外線・UVカット方法

    自転車で飛ばないおすすめ紫外線対策帽子!選び方と注意点について

    紫外線対策の基本、帽子。夏の外出中は自転車に乗るときもかぶりたいも…

  2. 紫外線・UVカット方法

    紫外線対策グッズ手袋・アームカバーの選び方3つのポイント

    夏は暑いので、どうしても半袖を着たくなりますよね。露出率も高い部分…

  3. 紫外線・UVカット方法

    窓の紫外線対策方法・UVカットグッズ窓際の紫外線量を減らす3つの方法

    意外と見落としがちな窓から入る紫外線。窓を通り抜けて降り注ぐ紫外線…

  4. 紫外線・UVカット方法

    頭皮や髪の日焼け対策 紫外線から頭を守る3つの方法 

    体の中でも頭部は最も紫外線が当たる部分です。夏の外出時に帽子を…

  5. 紫外線・UVカット方法

    季節別の紫外線対策・日焼け止めを選ぶ3つのポイント

    紫外線対策は春ごろから本格的に始める方が多いのではないでしょうか。…

  6. 紫外線・UVカット方法

    芦屋ロサブランの帽子実際に使ってみた口コミと評判を比較

    帽子は誰でも気軽に身に着けられるので、紫外線対策に購入を検討してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 紫外線・UVカット方法

    自転車で飛ばないおすすめ紫外線対策帽子!選び方と注意点について
  2. 紫外線・UVカット方法

    窓の紫外線対策方法・UVカットグッズ窓際の紫外線量を減らす3つの方法
  3. 紫外線・UVカット方法

    ハワイで安心して使える日焼け止めと2つの禁止成分の日本での使用について
  4. 紫外線・UVカット方法

    5月の紫外線対策 お出かけの時間帯と注意すべき3つのポイント
  5. 紫外線・UVカット方法

    UVカット服の効果と選び方 効率よく紫外線対策!寿命についても解説
PAGE TOP