紫外線・UVカット方法

頭皮や髪の日焼け対策 紫外線から頭を守る3つの方法 

体の中でも頭部は最も紫外線が当たる部分です。

夏の外出時に帽子を被らずに外出して
頭が熱くなりすぎて思わず手で抑えた経験がある方も
多いのではないでしょうか。

頭皮や髪に当たる紫外線量は体の3倍以上と言われています。
頭部に当たる紫外線の害は熱中症だけでなく、
薄毛や白髪の原因にもなります。
特に春から夏にかけては紫外線量が増えるので
頭部の日焼け対策を強化する必要があるでしょう。

ここでは、簡単で気軽にできる頭皮や髪の日焼け対策方法について
書いていきます。

【目次】
紫外線の種類で頭皮・髪に与えるダメージは違う!
頭皮・髪への紫外線ダメージで薄毛や白髪に!?
頭皮や髪の日焼け対策と効果的な方法
頭皮や髪に日焼け止めクリームを塗るのは有効?
頭皮や髪の日焼け対策方法まとめ






●紫外線の種類で頭皮・髪に与えるダメージは違う!●

地上に届く紫外線はUV-AとUV-B。
どちらもそれぞれ頭皮や髪にダメージを与えます。

【UV-A】
波長の長い紫外線。
すぐに赤くなるような日焼けにはなりませんが
ゆっくりと浸透していくためシミやシワなどの原因になる
と言われています。
UV-Bの20倍以上も地上に降り注ぎ、雲や窓ガラスも
通り抜けるため長期に渡る対策が必要。

【UV-B】
波長の短い紫外線。
サンバーン(赤くなる日焼け)の原因となり、
ひどくなると水ぶくれ、激しい痛みなど火傷と同じ
症状が現れます。
ただしオゾン層や雲で遮られる量も多く、地上に降り注ぐ紫外線の
約10%程度と言われています。

紫外線UV-Aは髪の成分アミノ酸の結合を分解してしまい、
UV-Bは髪のキューティクルを剥がしてしまいます。
やがて髪はパサパサになり、ツヤがなくなります。
長期に渡ってこのようなダメージを受け続けると、
髪にも深刻な影響が出始めるのです。


●頭皮・髪への紫外線ダメージで薄毛や白髪に!?●

紫外線は頭皮にもダメージを与えます。
頭皮も顔や腕などと同じで日焼けすることで炎症を起こします。

頭皮はダメージを受けると回復するために皮脂が分泌されますが、
これが過剰に出ることで毛穴に詰まり、新しく生えてくる毛が
細くなったり薄毛になったります。

また、頭皮のコラーゲンが破壊されて毛穴が減ってしまうことも。
毛穴に異常が出れば髪が生えてこなくなります。
薄毛や白髪の原因は加齢以外に紫外線の影響もあるのです。


●頭皮や髪の日焼け対策と効果的な方法●

頭皮や髪を守る方法として、誰にでもできる簡単な方法は
やはりUVカットグッズを身に着けることです。

1、帽子をかぶる


最も手軽にできる頭部の日焼け対策。
UVカット加工のある帽子がベスト、
紫外線遮蔽率やUPF値の記載がある帽子から選びましょう。
つばは全周についているものを選ぶとより効果的。
長さが13㎝あれば90%の紫外線をカットできます。

スポーツ専門店や帽子の専門店なら質の良いものが購入できます。
UVカットグッズ専門店の帽子は100%遮光や
帽子の内部に保冷剤を入れられるものなど紫外線対策に
非常に有効なものが揃っています。
また、通気性の良い麦わら帽子も真夏はおすすめです。

2、日傘を差す


昔ながらの日焼け対策グッズ。
最近は男性も日傘を差すようになったのでシンプルなものも
たくさん出ています。
紫外線遮蔽率が記載されている日傘から選ぶのが基本。
90%以上あれば上から降り注ぐ紫外線をかなり防いでくれます。
UVカットグッズ専門店なら100%遮光の日傘も有。

なるべく顔に近づけて差し、顔から30㎝以上離れないように
まっすぐ持つのが効果的。
あまり斜めに持つと横から紫外線が入り込み、
UVカット率が低下します。

3、日陰を利用する


日差しの強い時間に出かける場合は、なるべく日陰を歩くようにすると
頭部に当たる紫外線量を減らすことができます。
日陰は体に当たる紫外線量を50%程度減少させてくれます。

ただし、ずっと日陰を歩くことが難しい場合も多く、
日陰でも散乱した光を浴びるので日傘や帽子と併用するのが
おすすめです。

その他日差しの強い時間は外出を避けるなど
なるべく直射日光に当たらないようにすることが望ましいです。

帽子や日傘は誰でも気軽に「持ち運びができる日陰」
のようなもの。
一つ用意しておくと日焼け防止に非常に役立ちます。


●頭皮や髪に日焼け止めクリームを塗るのは有効?●

紫外線の害について広く知られるようになってから
日焼け止めクリームも様々なものが登場しました。
肌に優しいノンケミカルのものや
クリーム、パウダー、スプレーなど。

腕や顔に塗って良いものなら頭皮に塗っても大丈夫なのでは?
と思われる方もいるでしょう。
ですが、日焼け止めクリームを頭皮や髪に塗り付けるのは
あまりおすすめできません。

クリームで毛穴が詰まったり、
SPF50以上の強力な日焼け止めクリームは刺激が強いので
頭皮や髪を傷める可能性があります。
肌の日焼け止めでも、SPF50以上のものを常時
使用するのは推奨されていません。

通常の日焼け止めは髪用に製造されているものではないので
なるべく帽子や日傘など、髪に直接塗り付ける必要の
ないもので日焼け防止するのが望ましいです。

髪に使えるスプレータイプのものでも、
SPF50以上のものは海やプール、山登りでのみ使用するのが
おすすめです。


●頭皮や髪の日焼け対策方法まとめ●

頭皮や髪は一番太陽光を浴びやすい部分。
日焼けは老化現象なので抜け毛や白髪の原因にもなりえます。
日差しの強い季節は、熱中症にもなりやすい時期です。

なるべく刺激の少ない方法で頭部を確実に守るようにしましょう。

帽子や日傘、日陰を利用して頭皮や髪の日焼け対策
✓日差しの強い正午あたりは外出を避ける
✓日焼け止めクリームを頭に使用するのはやめたほうが良い





関連記事

  1. 紫外線・UVカット方法

    白くならない日焼け止め メンズの毎日使いOKなZIGENUVクリームジェル

    しみ、そばかすだけではなく皮膚がんや白内障の原因となる紫外線。紫外…

  2. 紫外線・UVカット方法

    紫外線対策の服装の色は季節で使い分け!夏に最適なUVカット色やおすすめのグッズはこれ

    紫外線対策のために服を購入するとき、できるだけUVカット効果の高い…

  3. 紫外線・UVカット方法

    エトヴォスモイストシャンプー口コミはどうなの?実際に使って検証してみた!

    肌に優しい成分にこだわり、特に敏感肌の方に人気のブランド「エトヴォ…

  4. ランキング

    紫外線対策uv化粧品ランキング 日焼け対策「厳選」コスメ5選

    紫外線対策方法は様々なものがありますが、お手軽で誰にでもできる方法…

  5. 紫外線・UVカット方法

    紫外線・日焼け対策グッズおしゃれで機能性が高いブランド&ショップおすすめ3選

    日焼け・紫外線対策グッズは1,000円前後の安いものから2万円近く…

  6. 紫外線・UVカット方法

    紫外線を浴びる時間と最もUV対策が必要な時間の簡単な見分け方

    日差しの強い季節は、お出かけするときもなるべく紫外線を浴びる時間帯…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 安眠・快眠方法

    安眠ツボ/快眠を促す頭・手・足・背中の5つのツボとその理由とは?
  2. 紫外線・UVカット方法

    男性の紫外線対策グッズ 気軽にできるメンズUVカット方法!
  3. 紫外線・UVカット方法

    酢トマトジュースの作り方 日焼け・高血圧対策になる飲み方とは?
  4. 紫外線・UVカット方法

    日焼け対策・紫外線対策グッズ プレゼントにおすすめなおしゃれブランドと選び方
  5. 安眠・快眠方法

    睡眠の質の向上を助ける10の方法 手軽で簡単にできる方法で安眠を
PAGE TOP